IMG_1712

自由が欲しい

金が欲しい

女が欲しい

酒が欲しい

⚪️が欲しい

「欲」は人それぞれですが、

 

もしもその欲が「経済力」であったなら、

精神的な幸福は後回しにするべきだと思う。

 

もちろん「幸せになる方法」はお金を稼ぐだけではない。

自分の成長度合いや家族や恋人との有意義な時間、

仲間との意識統合や共感で得られるということも知っている。

 

しかしながら、

現実的には「両面」を一気に手に入れることは難しいと悟ったわけで。

というよりも、「幸せは成り方よりも在り方」であり、

心の持ちかたそのものであると思う。

幸せだと思えばすでに幸せだということ。

 

なんの為に経済力をつけるのか。

経済力をつけたい動機は至ってシンプルである。

僕には幸運なことに愛する人や幸せにしたい人たちがいる。

みんなに恩返しするため。

そのための手段として経済力をつける。

お金というよりも自由な時間と選択肢を増やしてあげたい。

 

もう一度自分を信じさせてくれたことに感謝し、

未来の自分に恥じぬ生き方と過去の自分に負けない結果を作っていく。

信用を真剣に取り返していくということ。

これからはどんなストレスも未来への劇薬として捉え、

良いも悪いもモチベーションを忘れ一念発起する。

 

 

大学卒業から社会人として10年もの間、何も残らず、

その残らなかった理由も全て周りのせいにしてきた。

まさに「失われた10年」です。

 

貧乏のままでいい

破産したっていい

そうはなりたくない。

 

この10年で修正し

さらに10年で飛躍し

最後の10年でアガる

 

 

稼ぐことを真剣に考え確実に行動すると決める。

 

まずお金そのものを考えることから始まり、

経済とはなんなのか。

経済とは「人・組織・政府などによる金・モノ・サービスの交換行動全般」。

双方の「欲しいものを得るために交換行為」であり、

全ての「市場の取引」の積み重ねである。

この市場取引に強くなることこそが、

経済力を身につけるということ。

 

ざっくり過ぎるけど

政府が税金を徴収しお金を支出し、

日銀が景気を調整しながら紙幣を刷る

買い手(消費者)はお金や信用で

売り手(生産者)のモノ・サービスを購入する。

 

この一連の流れがが取引であり経済そのもの

 

取引が増えれば収入が上がる

ということは、

モノやサービスや財をどれだけ生産しお客様に提供できるかで収入は決まる!

ただそこには希少性や価値がなくては成り立たない。

売上=消費者との接点だということを忘れない

 

 

もしお金が欲しいなら生産者として取引を増やす

またお金を持ち続けたいなら消費者として支出を減らす

さらにお金を稼ぎ続けたいなら投資家として資産を持つ

 

お金持ちとはお金を持っている人ではなくクレジット(信用)を持つ人のことをいう

 

〜経済力を身につける為の行動指針〜

①収入を増やす

まず労働時間と生産性をあげる

労働時間×生産性の向上×継続で収入を少しでも増やしていく

まずは量をこなす

併せて質を高めていくこと

 

②支出を抑える

世の中は「罠」だらけです

欲は危険と隣り合わせだということを心得る。

酒、女、ギャンブル、タバコetc.有象無象を避ける

経済力を取り戻すまでは我慢する

我慢とは金利みないなものです。

我慢した分だけ見返りは大きくなる。

手に入れたいものがあるなら失う覚悟を持つこと。

成功に代償はつきものです。

こんな代償は未来の成功にしたら大したことないはずです。

 

③返済を続けながら債務を縮小する

得た収入からの支出をなるべく減らし

そのあまりを債務に充てる

売上最大経費最小

債務は短期的に見ると資金が増え支出できる量も潤うが、

長期的にはそのツケ(返済)が支出を抑え重りになることを肝に銘じる。

 

④信用を増やす

すぐに信用を高めることは難しいが、

資金ショートせず、返済しながらコツコツと信用を作っていく

貯金額も大事だがしっかり返済していくことでも信用を高められる。

 

⑤レバレッジをかける

収入もあがり返済も続け「信用」が増えてきたのなら

資産を作る為に積み重ねた「信用」を活用する。

信用の活用=未来に先行投資、レバレッジをかける。

まぁ借金なんですけどね。

だからこそ悲観的に計画を立て楽観的に実行するべき。

 

⑥資産を手に入れ運用する

とはいえ資産づくりはとても難しいでしょう。

いい資産は手に入れずらい

というのも本当の情報が埋もれている昨今。

不動産情報、株式情報、ダイエット法や健康法でもそう、

資産づくりに最も貴重なのは「情報」です。

情報を見極める能力も大事になってくる。

確実に当たるものだけに投資する

勝負は常に戦う前に決まっている「by孫氏の兵法」

 

結論、

収入ー支出=利益までの「資源の最適配分」

この「資源の最適配分」こそが「経済力」です。

売買だけではなく貸借も重要だということ。

健全な自己経営ができていればこそ、

自分の信用価値も上がり経済力基盤は整えられる。

 

ポイントは、

収入より債務を早く増えさせないこと

なにがなんでも資金ショートさせない。

キャッシューフローが回らなくなれば、

その時点で「退場」だと心得るべし。

とにかく潰れないこと。

そして生産性を上げる努力を惜しまず続けていくこと。

確かな知識を実践し確かな技術にしていく。

知識や技術から得たノウハウ(仕組み)は最大の資産になります。

 

あとは実行していくのみ。

諦めないで続けたやつだけが成功する。

 

まぁ、

まずは今日をどう活かすかだな⤴︎